グノーシス

Gnosis

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しさは形がない。

優しさとボランティア

優しさの形骸化。
何事も形だけを重視すると形骸化を招きますね。
送信側が「相手に優しくした」と言いきるのは
やっぱ難しいみたい。受信側の要求がわかりや
すければ簡単かもしれませんが。
仕草だけしかないとちいと読みにくいねぇ。

以前書いていた日記を持ち出しました。
やり過ぎはいかんよというやつ。
ドッグウィルという映画でこういう主旨のことが述べられます。
是非ご覧になって。
「あなたって優しい人ね」
という言葉の裏に何があるか。

人殺しも被害者だ。
環境がそうさせる。
だから殺人者を許す。
というような考えは傲慢だ。
許してしまえば、義務を果たす機会を失わせる。


義務かぁ。

優しくすることと傲慢なことは紙一重みたいです。
バカと天才は紙一重みたいなものですか。

小学生の時、道徳の時間に車いすの人がトイレに行く話を読みました。
主人公の生徒が手伝ってあげようとするわけですが、車いすを押して
いた親に「同情で手伝ってもらいたくありません。」
と言うわけです。その時の僕の感想は、
「おいおい、じゃあどうすりゃいんじゃ。」
でした。優しくされるのも惨めだねぇと?

結局は受け手が優しいなぁと思えば優しさ
なのかと思っちゃうわけです。
Bさんが
(あー、Aさんが取り組んでいるaの件が進まないと自分も困るな)
と考えてAさんを助けたら
「ありがとう。」
「おまえのためじゃない。」
という会話がかっこつけじゃなく成立して、Aさんは勝手にBさんを優しいなぁと思うわけです。でも「aの件は一番のヤマだから手伝うよう」と周知されてた場合はBさんの行為は優しいどころか半ば義務。

ある一定数の人々が「この行為は優しい」と考えると制度化されそうです。バリアフリー整備で税金が使われても基本的に文句はないでしょうね。電車なんかで優先席があります。「優先席」なので基本的には誰がすわってもかまわないはずだけど普通の人が座ると冷たい視線を浴びるわけです。優先されるべき人が来たら変わってあげればいいだけなのに。規範化してるなぁと。

やっぱりまぁ、優しくするときは相手の情報をよく知ることが一番初めにやることなんですかねぇ。飢餓で死にそうな人達がいる国に勉強ができるようにと紙と鉛筆を送るのはボランティアではないんです。いらねーよ紙と鉛筆なんて。おまえが持ってきたその弁当をよこせやと言われるのがオチですね。

ここ三日ぐらい考えてましたがやっぱりまとめが苦手。
ちなみにバリアフリーに反対しているわけではありませんので。
スポンサーサイト

ちょっと難しいですねぇ。

家庭教師をやっているんですが。
社会。
小学六年生は
日本国憲法の勉強でした。
まぁ、難しいこと難しいこと。
こんなことがノートに書き写されていました。

国民主権
基本的人権の尊重
平和主義

あのなんですか、あの国民主権?
主権??主権?!
小学生に教えるには難しすぎる概念だと思うわけです
がどうですか。てか僕もわかってるかどうか自信がないわけですよ。
それで。小学生が持っている辞書で調べました。主権。
最高の権力がどうたらこうたら。治安がどうたらこうたら。
うん。これもちょっと難しいなぁ。そもそも「最高」ってなんのこっちゃと。それと権力の意味を小学生は実感しているか??
どうだろそれ。

そして、持っている資料集で調べる。
大日本帝国憲法と日本国憲法が比較して書かれていました。
前者の主権は天皇にある
後者の主権は国民にある
まぁここだけ見るとまるで前者の時代は国民が奴隷だったみたいに
思えてしまうわけですよ。でもその感覚は違うわけですよ。
別に戦前世代のじーちゃんばーちゃん達が奴隷だったわけじゃ
ないんですよ。確かに戦時中は貧乏でしんどかったと思いますし、戦争前でも人間らしく生活できなかった人もたくさんいると思いますが、奴隷だったわけじゃないんですよ。

そういうことは教えなくていいのかなと思っちゃうわけです。
なんというか。いろいろ考えると、
小学生のレベルでは早すぎる概念ではないかと
考えてしまうわけです。

「わからないならそのままにしておいて頭のすみに残しておけばいい」
よく言いますがそれで二度目に「主権」を辞書で引くことは
ほとんどないわけですよ。覚えろと言われて
よくわからんけど、言葉のイメージで間違った印象をもったまま覚えて
それで「憲法に国民主権って書かれとるんじゃー」と言う人がいるわけです。
片腹いたいっすね。マジ。貴方は主権主権と言えるほど
主権を理解してるんすかと。

覚えただけのことを「理解している」と勘違いしてる人に会うと
めんどうです。

何が言いたいかと言うと。
非常に重要な概念であっても教えるのが非常に難しい概念
は世の中にたくさんあると。そして義務教育で
重要なこととしてあげられているなら時間を使ってきっちり
教えるべきであり、さらっと流すような教え方はよろしくな
いのではないかと。そう思うわけです。

大学の時の教養科目で文化史を受講していましたが、
その時の元フランス語担当の非常勤の先生は
「言語意識」という概念にさわり入れて3コマぐらい使ってました。
大学の講義は90分なんで270分です。
概念はしっかりと理解できたし、同時に
文系の人達が何をやっているのかがわかりました。
(僕は理系だったもので)
講義がうまいこともありましたが、
講義で感動したのはあれが始めてだったと思います。
理解できた喜びというか。ちなみに概念は
「彼らは自分達がラテン語を話していると思っていた」
です。「彼ら」と「ラテン語」を適当に入れ替えて使えます。

主権-Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E6%A8%A9

あ~しまった。

今日は仕事ぐでぐででした。
失敗しました。
あーしまったー。
やっぱり、わかっていてももう一度確認することって
大切だよねぇ。
当たり前とか当然とか思うことに危険があるよね。
まぁ、ええわ。正直、二日前指示やから
うまくいかへんような気はしてた。
イメージが足りませんでした。
やったことなくても成功できなきゃ一流じゃねぇ!!
と思うとへこみます。
「はいはい、今日はただ働きでした!!(怒)」みたいなね。
今週は反省点多し。

異文化まとめ図入り

まとめましたわ。
うみかぜさん
きーさん
の考察をみて少し考えました。


20061214005944.gif

図1

式はうみかぜさんとほぼ同じノーマライズしました。

縦軸の定義が少しちゃうかな。
+積極的に意志疎通したい。
-あんまり意志疎通したくない。

<感情+&理性+>
相性良くない?と言われる
<感情+&理性0>
気持ちはわかるが実際には不可能
<感情+&理性->
泣いて馬謖を斬る
<感情0&理性+>
できることはできるけどおれはパス
<感情-&理性+>
ライバル
<感情-&理性->
相性悪いね。

20061214005808.gif

図2 異文化理解と関係性
青い線は図1の縦軸が影響する。
図の波はy=3sin(2x)
式は特に意味なし。でもなんとなくこの曲線具合をうまく
きめたい気もする。
<文化理解度>
文化の知識を得れば得るほどいろいろな価値観の相違を実感。
故に協調しやすくor攻撃しやすくなっていく。
<価値観の線>
知りすぎてしんどくなるかどうかの境目。うまくまとまっってません。

縦軸は関係性の定義。これもまだなにかねまとまってない。
軽蔑ってなんか違うけど言葉が浮かばない。

あー疲れた。

まわりの人がへこむと。

若干、気にしすぎ病がうつってきている気がします。
嗚呼。職場であんなことやこんなことやそんなことが
いろいろと語られるとやっぱりこっちの気持ちにまで
余波がきてしまいます。

今日の自分あれがあれでああだったなーとか。
別に僕がそこまでせんでええのにいろいろやってもうた
せいであの人がああなってこうやったなーとか。
この人に言わなくていいこと言い過ぎたからこうなってああなったなーとか。

もう読んだ人は全然わからへんな。自分のあたまの中だけやな。

あ、今週、麻雀だった??そうだった?そんなこと言った?
やる気しねーぞおい。前日にあれがああだからさぁ。同じ時間にこれがこうだから僕らはああなわけよ。そこでのことが身になるかどうかなどがね。僕は営業ではないんですよと。

ちょっと質問もあったし。
今日から自分のために三年間を振り返る日記でも書きますか。

一年目。大変だった。
二年目。大変だった。自分のグループの人が増えてうれしい反面、衝突も多かった。
三年目。いろいろ楽になった。自分が成長してるかわからん。仕事との距離感について考えるきっかけに。力の抜き具合。

うーん。やっぱり日記はHNを変えないと危険だな。
あれから検索されると一発で特定されるね。

グラディエーターの映画は史実に近いんですね

世界史やってなかったためにとっても新鮮に驚けますよ。
ラッセルクロウのね。史実に基づいていないフィクションだと思っていたわけです。何より剣闘士は争い好き、奴隷というのは固定で戦うために育てられるので組織的な戦闘はできないと思っていたわけ。そういうことは学ばないと。

スパルタクスの反乱

この時代、戦争やら税金の無茶で重装歩兵だった農民(日本史で言うと平安時代後期~鎌倉初期の武士みたいな地位)が没落しています。奴隷には学がある人もたくさん混じっていたと考えなければいけないんですね。知らなかったです。

それにしてもこの当時の為政者はホントにモラルがない。
もうどういうことやねんと。19年分の税を前払いさせるとはどういうことやと。やりたい放題やんか。三頭政治もすぐダメになるやろ。
ほんとすぐダメになる。裏切りまくりじゃないですか。
戦いが多すぎ。カエサルは共和制から帝政にするんだけど
帝政、君主制には為政者が並はずれて優れた才能を持っているという条件があるんですよね。カエサルだとうまくいくけど、後世の人間がカエサルと同じ事をできるとはかぎらない。よい体勢とは言えませんね。

関係

遊んでみる。頭の体操

ゼロ地点 ちゃあじ子さん
異文化接触のn段階 海風さん

言葉をお借りします。

異文化接触の3段階
  第1段階 : 驚き、感動、恐怖、怒り・・・
          ↓    ↓    ↓
  第2段階 : 無視 ⇔ 交流 ⇔ 敵対 ⇔ 無視
          ↓↑   ↓↑    ↓↑
  第3段階 : 無関心、調和、戦い



↓↑は知識・経験の量

第1段階は感情。生理的。
「えぇ~?!何これ変じゃない?」
「うおおお!!すんげーこれ!」

第2段階は若干感情が整理され理性が絡む。
理性が感情に作用し不安を生み、

敵対することにストップをかける場合
交流することにストップをかける場合
交流も敵対もしない=無視
敵対することを促進する場合
交流することを促進する場合
(このへんはわたりどりさんの内容)

第3段階は整理が難しいですね。
調和→融合→一つの文化が形成される。
戦い→排除→一つの文化に。(リアル世界なら一大事)
無関心→変化なし→忘却することで第4段階へ入る。

第4段階
静寂=異文化を認知していない状態


んでパラメータ
感情=?
理性=利害・制度・規範

自分なりに整理。嗚呼理系。

腹が立ったこと。

僕は週一で小学生の家庭教師をしています。
もちろん、ボランティアで。
ボランティアという言葉が嫌いですが
お金の授受がないという意味です。

まぁ、それで社会の復習をやっていたわけですが。
内容が歴史だったもので。
よしきた!!歴史なら現役受験生とでも互角に戦えるぜ。
などと思いつつテスト問題の復習をやってみたわけです。
僕が口頭で問題を出して、
小学生が口頭で答える。解らないときは
教科書などで調べさせて、言葉でまとめさせる
という流れでやっていたわけです。

テスト問題にこんな問題があったわけです。
「この絵は能ですか。歌舞伎ですか。」
縮小された絵があって。
答えは「歌舞伎」
問題の形式上、僕は絵から歌舞伎か能かを見分けることができるかを
問うていると思ったので
「歌舞伎と能の違いは何ですか」
と聞いたわけ。
わからないと言うので調べたわけ。
そしたらなんと。
教科書も学校でもらった資料も歌舞伎の説明しかしてないの。

おいコラと。いい加減にしろと。
あのね。テスト問題を作成した方々には是非とも
考えていただきたいのですが
こういう問題に意味があると思いますか??
学校で歌舞伎しか説明しないんなら、歌舞伎が
どんなものか解ってなくても、つまりテスト問題の絵を見なくても
答えに「歌舞伎」って書くに決まってるだろうが。アホか。
社会の科目は漢字の書き取りではないんでしょ?
国語の言葉の意味調べで「歌舞伎」を調べてるわけじゃないんでしょうが。言葉を覚えているかではなく理解の深さを計らないといけないはずなのになんでこんな暗記できてるかを問うような問題を出すかね。
アホちゃうか。時間が割り振られててわざわざ学校で説明しても
これじゃパーやんか。テストが学校の先生の手作りではないから
業者さんがアホなんだなと思いました。ただ、この業者のテストは
僕が小学校のころも使っていたような気がするわけですが。
最近、教育がどうだこうだ言ってますけど
こういうところを少しずつ変えていかないと
教育改革なんてできませんよね。
寺脇さんなんとかして。

「能って何?」って聞かれたので説明しました。
身振りで。

小説「秘密」

東野圭吾さんの小説で読んだことがあるのは
「ゲームの名は誘拐」だけでしたが、
二冊目がこれです。「秘密」。
ミステリーと言うとちょっと違和感のある内容でしたが
おもしろかったです。まぁなんというか、奥さんが偉い。どう考えても
奥さんに負担がかかっている。

最後に別れがある。失いたくないがどうにもならない時はあるのね。僕はかなり感情移入するので読後いろいろとやる気をなくす。一気に読んでしまうしおもしろいけど進んで読みたくない部類。
「目にみえるものだけが悲しみではない。」

映画にもなっているそうで。
映画化されてる作品が多いですね。

 | HOME | 

プロフィール

みつくる

Author:みつくる
最近の趣味はネット・睡眠・アニメ。どうも最近は眠れません。寝不足のまま活動です。ゲームもめっきりやらなくなりました。アニメの感想を書きたいですが週末に書くことにします。ライトノベルをアニメにしたものって細かい表現がおもしろいと思います。

カウンター

記事

コメント

トラックバック

カテゴリー

アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。