グノーシス

Gnosis

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ対策などなど

久しぶりに社会現象を考察してみます。
いじめの話。このことを深く考えるだけで、
大人の社会システムにもかなり応用が利くと勝手に思っています。

最近また大きく取り上げられ始めましたね。
僕が覚えてるいじめ自殺は大河内清輝君です。
何年前だろうか。僕が中学だったときに起きたと思います。
この人、遺書に「いじめた人を責めないでくれ」と
いうような主旨のことを書いていたと記憶しています。

最近の批判はどちらかというと学校側のいじめ把握システムですね。

「テメーちゃんと報告してねーじゃねーか」てなかんじ。
読売
西日本
埼玉新聞

まぁ、いじめ問題で報告してないとか隠蔽してるとかは個人的にははっきり言ってどうでもいいです。いじめの当事者にとってもどうでもいいんじゃないかな。そんなことより、きちんと対応をしてくれって思ってるんじゃないかな。統計データとかはデータの取り方なんかを考察しないと役にたちませんしね。社会統計学なんてやってませんし僕。

隠蔽するというそのモラルどうよってなことはあると思うけど。

でね。いじめ問題。
東京新聞

ちょっと抜粋。文部科学省・第4章いじめ

この調査では,いじめを「a.自分より弱いものに対して一方的に,b.身体的・心理的な攻撃を継続的に加え,c.相手が深刻な苦痛を感じているもの。なお,起こった場所は学校の内外を問わないこととする。」として件数を把握した。

いじめの定義は何?というところから問題解決を図ると解決できないような気がするんですよ。いじめも人間関係の延長線上ですよね。
アカハラ・セクハラ・パワハラなんかと同族でしょ。

大人のハラスメントと一緒にできない点はどこかと言うと。
① 当事者が子ども。←まぁ当然
③ 保護者がいる。
② 生徒を入れ替えられない。


教科書破いたり。机に花瓶置いたり。無視したり。パシリにしたり。嫌なこと言ったり。
適切な人間関係を築くにはどうしたらいいかということを学んでいく過程にいるわけで。この考えの延長線上に「いじめ、ちょっとぐらいいんじゃねーの?」があるのよね。

②保護者
たぶん、めっちゃくせもの。
特に加害者のガキ側の保護者。この人がどういう考えをしているかは
かなりこどもに影響する。「大人になったらいじめられることなんてよくあるじゃん」みたいなこと言ってみ??人を見下す態度をとる人
だったりしてみ??
嗚呼、超めんどくさい。
あの、こどもにとっては学校が世界の八割を締めているんですが。


③は何が言いたいかと言うと。
職場でハラスメントを受けた場合、受けた側にとれる選択肢とハラスメントに対処する側の選択肢。「あいつとこいつはくっつけないようにしよう」という発想をしますよね。これが学校ではやりにくいのではないか。「パワハラをほっとく職場なんて辞めちまえ!!!」大人ならありです。こどもの場合、いじめられてる人が転校したら解決になると思いますか。ならないんですよね。
たぶん、いじめ対策で難しいのはここだと思われる。断言できるが勉強しかしてこなかった人やら、人のよからぬ行いを無視してきた人とか(先生になりたいと思っていて他のことをあんまり考えてこなかった人とか)、つぶしで先生になった人とか、そういう人っていじめに対処できないよ。起こっていることに気付けないかもしれない。

いじめ対策で重要なことは子どもの世界で
「どの子が権力を握っているのか。」或いは
「どこに権力があるか。」
先生側がこの把握をできるかどうかに尽きる。
「どこに権力があるか。」
とは例えば、クラスのほとんどがプレステ持ってるのに
持ってない人がいるとその人はいじめられやすくなったり。
権力は一人が持っているものでもないし、一種類のものでもない。

把握できたとして、その権力にどのような対処をすればいじめが止まるのか。この点もまた難しい。
「いじめはいけないんだ」と理解させることを先にすべきか、
「いじめはダメ。ダメと言ったらダメ。」と理解を後にすべきかも
ちょっと難しいところ。
僕は権力の把握は得意だけど対処が苦手です。

あー考えるの疲れた。なんか意見がありましたらどうぞ遠慮無くコメントに。ちなみに僕はいじめられっ子だったし、いじめっ子でもありました。

コメント

イジメ対策なんて、
絶対やっとらんよ。
毎年変わらぬことやってるよ。
騒ぎが大きくなったらメディアで取り上げて、
少し経ったらおしまいだもんね。
日本はバカばっかだからな…。

この問題、難しいですよね・・・。
『いじめ』は実体としては結局、
『暴行』、『恐喝』なんかの
【犯罪】ですよね。

今回の福岡の件は教師の発言が
人間として許せませんでした。
大学卒業して、社会経験も無い人間が
『先生』と呼ばれるわけですからね・・・。
昼のワイドショーで見たんですけど、
中学校の教師100人にアンケート
したところ半数以上が
『首を突っ込むのがめんどくさい』
という理由でいじめを黙認している
そうです。
いじめ問題よりも、教壇に立つ側の
人間の教育から始めないといけない
ようです。
ひどい話です。
ちなみに私も教師にからかわれたことが
あります。
みつくるさんと同じように、いじめを
したこともあるし、されたこともあります。
ただ、今のように自殺とか登校拒否だとか、
そんな深刻なレベルのものは自分自身も、
周りを見ても無かったように思います。

ちゃむにぃ
>少し経ったらおしまいだもんね。
だね。追跡取材しないのはなぜだろうね。

今回も報道には不満があるね。
なぜ、自殺した日のことしか
報道されないのか?
教師の発言(偽善者にも・・・)は
他にはないか。

色宵姫さん
よく考えれば、
いじめの実体はケースバイケース
ですね。
暴行や恐喝など犯罪が実体であることも
多々あると思われます。
福岡の件は報道を見る限りでは実体はハラスメントですね。

社会経験の有無は個人的にはあまり関係ないかなという気がします。社会経験のある保護者が必ずしも子どもにとっていい親ではないのと同じです。それより、
いじめに対する意識が低いことが
問題でしょうね。
どうも、教育実習制度の中で
いじめ対策が研修化されていないのでないか
という気がします。

福岡の件の教師はバカですね。生徒に人気のある先生だったらしくて、生徒に過激なことを言ったのも人気取りの一環だったと思われます。47歳にもなっていいオッチャンがこどもの人気取りをやってるあたりがバカです。

人気がある=信頼がある
は成り立たないんですがねぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kyokugaku.blog51.fc2.com/tb.php/18-d2930560

 | HOME | 

プロフィール

みつくる

Author:みつくる
最近の趣味はネット・睡眠・アニメ。どうも最近は眠れません。寝不足のまま活動です。ゲームもめっきりやらなくなりました。アニメの感想を書きたいですが週末に書くことにします。ライトノベルをアニメにしたものって細かい表現がおもしろいと思います。

カウンター

記事

コメント

トラックバック

カテゴリー

アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。