グノーシス

Gnosis

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「14才の母」

最近、またドラマを見始めた。
水曜日は「相棒」と「14才の母」。
相棒の方は息の長い刑事物ドラマなので割愛するとして
後者の方。

もう、涙なしに見られないですわ。
親は動揺するよホント。
いや、そうですわ。自分がやったことを真剣に受け止める子だっていますわ。人によります。「中学生がこども作るとかマジアホやな~」みたいな考えをしている自分に反省しました。「もうおまえはジンセイがわかってない」ってお叱りを受けそうやわ。

あと、見ていて感じたが、今回(第三回)の主題は「命」だったと思う。
「14才が妊娠ですか。中絶しかないですね。」
おいコラァ!!文脈、端折りすぎなんじゃボケ!!

親が子を大切にすればするほど、子は中絶することを思い悩む。
親は感受性豊かな時期の子にどう言えばいいのか。
中絶した人はそれを背負って生きていくしか
ないのだろう。だが、そのために後ろめたい人生を
送っていくことがいいことだとは思わない。

いや、僕はかなり積極的にテレビを見る人なんですわ。
いろんなこと考えるで。テレビで。

コメント

私はドラマとかテレビあんま見ないけど「14歳の母」話題になってるね。

中高生にも考えるきっかけを与えてるんやろうね。
中学生って、母親になる子がまだ感受性強い時期やもんね。
その時は動揺したり、冗談じゃないって堕ろすこと考えるかも知れないけど、本当に大人になって結婚とかして妊娠した時おろした子どものことを考えずにはいれんと思うよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kyokugaku.blog51.fc2.com/tb.php/19-f82cef08

 | HOME | 

プロフィール

みつくる

Author:みつくる
最近の趣味はネット・睡眠・アニメ。どうも最近は眠れません。寝不足のまま活動です。ゲームもめっきりやらなくなりました。アニメの感想を書きたいですが週末に書くことにします。ライトノベルをアニメにしたものって細かい表現がおもしろいと思います。

カウンター

記事

コメント

トラックバック

カテゴリー

アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。