グノーシス

Gnosis

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しさは形がない。

優しさとボランティア

優しさの形骸化。
何事も形だけを重視すると形骸化を招きますね。
送信側が「相手に優しくした」と言いきるのは
やっぱ難しいみたい。受信側の要求がわかりや
すければ簡単かもしれませんが。
仕草だけしかないとちいと読みにくいねぇ。

以前書いていた日記を持ち出しました。
やり過ぎはいかんよというやつ。
ドッグウィルという映画でこういう主旨のことが述べられます。
是非ご覧になって。
「あなたって優しい人ね」
という言葉の裏に何があるか。

人殺しも被害者だ。
環境がそうさせる。
だから殺人者を許す。
というような考えは傲慢だ。
許してしまえば、義務を果たす機会を失わせる。


義務かぁ。

優しくすることと傲慢なことは紙一重みたいです。
バカと天才は紙一重みたいなものですか。

小学生の時、道徳の時間に車いすの人がトイレに行く話を読みました。
主人公の生徒が手伝ってあげようとするわけですが、車いすを押して
いた親に「同情で手伝ってもらいたくありません。」
と言うわけです。その時の僕の感想は、
「おいおい、じゃあどうすりゃいんじゃ。」
でした。優しくされるのも惨めだねぇと?

結局は受け手が優しいなぁと思えば優しさ
なのかと思っちゃうわけです。
Bさんが
(あー、Aさんが取り組んでいるaの件が進まないと自分も困るな)
と考えてAさんを助けたら
「ありがとう。」
「おまえのためじゃない。」
という会話がかっこつけじゃなく成立して、Aさんは勝手にBさんを優しいなぁと思うわけです。でも「aの件は一番のヤマだから手伝うよう」と周知されてた場合はBさんの行為は優しいどころか半ば義務。

ある一定数の人々が「この行為は優しい」と考えると制度化されそうです。バリアフリー整備で税金が使われても基本的に文句はないでしょうね。電車なんかで優先席があります。「優先席」なので基本的には誰がすわってもかまわないはずだけど普通の人が座ると冷たい視線を浴びるわけです。優先されるべき人が来たら変わってあげればいいだけなのに。規範化してるなぁと。

やっぱりまぁ、優しくするときは相手の情報をよく知ることが一番初めにやることなんですかねぇ。飢餓で死にそうな人達がいる国に勉強ができるようにと紙と鉛筆を送るのはボランティアではないんです。いらねーよ紙と鉛筆なんて。おまえが持ってきたその弁当をよこせやと言われるのがオチですね。

ここ三日ぐらい考えてましたがやっぱりまとめが苦手。
ちなみにバリアフリーに反対しているわけではありませんので。

コメント

道徳の車いすの人の話は非常に難しいですね。先生はどういう方向に誘導したのでしょう。向こうが望んでいないのだから
「すみませんでした」
と引っこむのがいいのでしょうけれど、常にそういう場面では無視するのがいいとも限りませんし、日本だと最初は遠慮するのが礼儀というルールもあるのでさらに難しいです。

確か結論はなかったと思います。
「みんなが感じた通りで正解はいっぱいある」とかどうとか。
いつもながらのまとめ方です。

>日本だと最初は遠慮するのが
外国の方には難しいルールらしいですね。
「二回ぐらい断るからかまわず渡して。」と教えると三回断ったら渡さなくてもよいと解釈してタクシー代金を払わなかった、
なんてエピソードがあるそうです(笑)
僕も難しいと感じます。

こんにちは。
優しさの形骸化、確かにありますね。
・・・けれど、形骸化していたとしても、その「カタチ」が何かの最後の一線を守っているかもしれない、その「最後の一線」で救われている人も、もしかしたらいるのかもしれない。・・・なんてふうにも考えたり。

受け手が満足したものこそが「優しさ」である、という考え方はよくわかる。私も基本スタンスはそっちなのです。
が、こうも思う。それって「受け手のウォンツ(欲求)・ニーズ(需要)を満たさなければ価値は無い」という考え方なのですが、この思想はCS(顧客満足)の基本原理なのです。
企業は対価を得て商品やサービスを提供しているから、「受け手の満足」を前提にして当たり前だが、人の優しさの場合はどうなんだろう、と・・・なんか違うなぁ、同列のものではないよなぁ、とも思ってしまうのです・・・本当に、形がないものの良否を決めることは、難しいですね。

すみません、本職と絡めて熱く語ってしまいました^^;
トラックバックありがとうございます。それから今さらですが、みつくるさん、私の消えたい発言のとき、あたたかい言葉をかけてくださって、ありがとうございます。

本職。。。。。
営業かマーケティングでしょうか??^^;
いえ余計な詮索はよします(笑)

>私の消えたい発言のとき
あ、いえいえどういたしまして。

異文化交流の話がちょっとみないうちに進んでる進んでる。今から見にいきます。

明けましておめでとうございます^^
と、年明け前の記事にコメント書くのも微妙な気分です。

私は人に優しいと言われることが多いです。
そんな時の多くは、自己犠牲を伴ったりします。
時間であったり、物であったりします。
そんな中で、私の何気ない一言で元気付けられたと言ってくれる人もいます。
どちらも優しくしてあげようと思って行動すると、迷惑に思われることがあります。
優しさを言葉に出したり、態度で出してしまえばエゴだと感じられるのかもしれません。

あけましておめでとうございます。

「自己犠牲を伴っている」ことを前提に
すると受け手がありがたくなくてもありがとうと言うのは優しさだと。昨日ぐらいに気づきました(笑)優しさって難しい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kyokugaku.blog51.fc2.com/tb.php/31-81dae158

 | HOME | 

プロフィール

みつくる

Author:みつくる
最近の趣味はネット・睡眠・アニメ。どうも最近は眠れません。寝不足のまま活動です。ゲームもめっきりやらなくなりました。アニメの感想を書きたいですが週末に書くことにします。ライトノベルをアニメにしたものって細かい表現がおもしろいと思います。

カウンター

記事

コメント

トラックバック

カテゴリー

アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。