グノーシス

Gnosis

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員みたいな発言

http://money.jp.msn.com/banking/columns/columnarticle.aspx?ac=2010031100&cc=05&nt=05
こういう意見を見るたびに大企業に勤めている人は気楽だなぁと思います。
職がないという本質的な意味がわからないんですね。会社勤めでも会社に仕事がなかったりすることも
あるのにね。

ウィット感

「ウィット感ってなに?」
と大まじめに聞かれた。
電子辞書で調べて答えた。
機転・とんちがきいていること。
すると「要領がいいという意味?」と聞かれた。
いやそうではない。
「ちょっと違う」と答えた。
すると「気がきく?」と聞かれた。
そうでもない。ここは例を出したいところなのだが、
私にはうまいこと言うセンスはない。だから降参した。
「ちょっと違う。でもおれにはうまく説明できないよ。ごめんよ。」
笑点がわかりやすい。黄色の人ではなく紫色の人の答えが一番ウィットだ。
そう思ったがわかりにくい気がしたので言うのをやめた。

2月近況

引越しの最中です。一時実家に帰ります。
あらかた荷物は整理できました。
家具をリサイクルショップに売ります。明日買取に来ます。
少し無職の期間が長いですがどうしましょう。あまり気にしなくていいですかね。
いえ義務を果たしていないことは大いに気にすることではありますが。
面接は結局、人間関係作りなんですね。今回の就職活動では応募しようとした時になぜか違和感を感じるようになりました。大学か高校かの試験勉強のような、あるいは資格試験を受ける気分で面接を受けようとしていることに違和感があるのです。違うなぁ。これは違うぞ。自分をよく見せ人間関係を作る場。そう考えると途端にめんどくさくなってしまいます。お酒の席と本質は同じだということがいかにもめんどくさいです。対人スキルはほとんど持ち合わせがありません。
人がほしい人。仕事がほしい人。他人は苦にするが自分はさほど気にならないことは何か。嗚呼。専門的に何かを学んだ方々(医療や法律系です)がうらやましく見えますが、生きていくだけの蓄えはあるのでままがんばっていきます。

RD潜脳調査室のレビューのような

これはおもしろいです。士朗正宗氏が原作でアニメ作品で有名なものは攻殻機動隊です。どちらもサイボーグの世界が主題であっちはロボロボしてますがこっちはもう少しソフトです。もしかするとこちらを先を見て理解していないと世界観についていけないかもしれません。それでも、あいまいなものをそのままにしていて気にならない人なら楽しめると思います。基本的には一話完結型の構成で波留というおじいさんに依頼される事件を解決するというものです。まだ全て見終わっていない段階で何度も見たいと思える回が三話もあります。
・純正律~intent~
・光のない朝~image~
・透明な力~ism~
今のところこの三話はお気に入りです。そして久島の人柄が最高です。助演男優賞受賞です。理系の人格者はこうでなければ。
「愛」「…ベクトル、熱意、執着、情動、他にどう言い換えてもいい。」
「だが音楽は方程式ではない。むしろ円周率を計算することに似ている。」
「答えを求める者にとって計算し続けることで解答に近づいていく。その計算を続ける行為こそが…」
純正律の台詞ですが、理系の用語を文系的な言葉に置き換えられる人はかなり賢いと思います。上記の言い換えも言い換えられると思えるところが賢いです。「愛は積分。恋は微分。」とか格言じみて言われてもとっさにはわからないです。しかしよく考えるとなるほどねと思えます。まぁオシャレかと言われると微妙かもしれませんが。

書き足りないので続く

続きを読む »

図書館戦争のレビューのような

図書館戦争を見ました。
 いろいろな理由で表現を規制しようとする政府側から表現の自由を守るために図書館が武装するという世界。その図書館のための武装した一人の女兵士の物語です。うん、うまくまとまった気がします。まじめなことを書けばいいのかもっとライトでいいのか感想がまとめにくいアニメです。僕の実家近くの駅前には「悪書追放」と書かれたポストがありました。今は駅の建て替えでなくなっているのでよく覚えていませんが、追放箱と書かれていたようなそのポストに「悪書」を入れるのでしょう。戦時は表現の規制は強かったのでしょうね。今も強いと感じる人はいるでしょうけど。何事も「なんのため?」ということさえしっかりしていれば濫用を防ぐことはできると思うのですよ。
 なんというか内容はそういう難しいことは割とどうでもよくて女子が軍人になることによるどたばた劇がメインです。軍人という重さをできるだけ省いたような恋愛ものです。柴崎麻子はかわいいですね。賢くてさっぱりした性格のおとしやかな女性は好みです。理想的過ぎますねそうですね。見終わってから女性向けだったのかを少し考えましたがそんなことはないでしょう。いろいろと心が洗われます。

«  | HOME |  »

プロフィール

みつくる

Author:みつくる
最近の趣味はネット・睡眠・アニメ。どうも最近は眠れません。寝不足のまま活動です。ゲームもめっきりやらなくなりました。アニメの感想を書きたいですが週末に書くことにします。ライトノベルをアニメにしたものって細かい表現がおもしろいと思います。

カウンター

記事

コメント

トラックバック

カテゴリー

アーカイブ

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。